Tatamo! について > コンセプ

日本のイ草をもっと生活の中に

TATAMO!は、高品質の国産イ草を活用した
デザイン性に富んだプロダクトです。

「畳」は、住環境の変化に伴い都市生活の場から
姿を消しつつあります。また、高品質のイ草を
生産している国内の農家は輸入品に押されて、
急激に減少しています。

本来日本の生活にフィットする、自然素材「畳」。
TATAMO!は国内イ草生産の大半を占める
熊本・八代から現代の生活に合わせた新しい
選択肢を提案します。

イ草の未来は私たちの豊かなライフスタイルの
未来につながります。本物志向の消費者、
厳しい状況でイ草生産に奮闘している農家の現状に
何か少しでも力になれればと願っています。

イTATAMO!の生産モデル

tatami-process.png

TATAMO!のミッション

  • イ草製品の企画・開発・提供を行い、住環境の質の向上尾に貢献します。
  • イ草をリソースにした新しいデザイン・ライフスタイルを提案します。
  • 消費者と生産者のために、品質と価格の両立に常に挑戦して行きます。

トップヘ

イ草について知ってほしい3つのこと

igusa-tatami.png

イ草の文化・歴史

古くは平安時代から日本人の生活に密着していたイ草の畳。その後、茶道、華道、武道など多くの日本文化になくてはならない貴重な存在となりました。イ草は単なる機能を超え日本人の精神性や美意識を培ってきたと言えるでしょう。

china-japan.png

減少する国内イ草農家

あまり知られていないことですが、日本の市場に流通する畳表の90%以上が中国からの輸入品です。国産イ草のほとんどが八代地方の農家の手によるものですが、この地域でも近年になり農家数が毎年10%減少し深刻な問題になっています。

igusa-bubble.png

イ草の活用

イ草には、その弾力性に富んだ肌触りと、心地よいイ草の香り以外にも多くの効用があることで知られています。畳に含まれている空気の層は熱を伝えにくい性質があるため、暑さを和らげ、寒さを防ぎます。また湿度の高い日には湿気を吸い取り、乾燥した日にはその水分を放出し空気中の湿度を調整する吸放湿性を持っています。

トップヘ